タグ別アーカイブ: SUZUKI

YZF-R1 マフラー製作 ワンオフ スリップオン

★2015モデル YAMAHA YZF-R1 モトGPタイプ スリップオンマフラー製作

スリップオン製作・・・今日は楕円サイレンサーができています。

このカタチで、アンダーカウルに上手く納まる予定・・・だそうです。 ん~、順調にいけばいいけど・・・

こればかりは、進めてみないとわかりません!!!

毎度どうできるかは未定な作業、作りながら、あーでもない、こーでもない等々、ボヤキ嘆きながらの社長の

作業には、もうなれております(笑)

サイレンサーの形ができて、夕方音量チェックのためエンジン始動をしてみました。

思っていた以上に消音ができている感じ・・・これには社長本人も思わず、

『おぉ~、消音できとるやんっ!!!』 と呟いております(笑) ココまでは作業は順調です。

が、しかしここからがまた山あり谷あり!?の作業が続くことになると思われます(笑)・・・

まぁ外野の私としては、社長の悪戦苦闘している様子を皆さまにお伝えできる方が面白いと思うし、

それこそが私フィリ子の使命です(爆)・・・来週は社長のボヤキどう出るか??? 展開をお楽しみに・・・


久々に手の込んだ集合部、実物は微妙な湾曲あり・・・ん~、3Dならわかりそうだけど?!(笑)

取り付けると、こうなります。 既に強~烈!!! このあとどうなる???

まだまだ作業は難関が続くようです・・・

オーリンズ フロントフォーク メンテナンス

★オーリンズ Fフォーク メンテナンス <第一弾>

ドゥカティ M900のFフォーを取り外してメンテナンス。 が、このフォークが “オーリンズ” なのです。

取り外すだけでも気を使うところ、なのにこれをバラしてメンテナンスをしないといけないらしい。

げーっ、大変!!!大変!!! オーリンズのフロントフォークを分解するための、お高~い特殊工具が必要なので

す。 クォーターにそんものありませ~ん!!! と、そこで社長がわからないときや迷ったときにいつもノウハウ

を聞くショップさんがあって、早速相談すると・・・なーんと、自作の特殊工具を先日速攻送ってくださいまし

た。 まぁなんと親切な・・・これからの時代に必要なのは助け合いなのかもねぇ???!!!(笑)

さて作業を慎重~に進めて夕方には無事分解作業終了!!! そしてメーカーに必要な部品を頼むことに・・・

すると、メーカーさん、部品単体は出さないそうな!!! メンテナンスはメーカーに出せということだそうです。

げーっ、ひど~い、ずる~い・・・Fフォークは丸ごとちゃんと正規で買ってるのに・・・

最近のメーカーって、残念ながらどこも一緒だわ・・・いやだぁ、独占時代突入!!!???(笑) って、笑ってい

いものか・・・でも笑える・・・だってこれごときで落ち込む社長ではありません。 毎度それに代わる部品をど

こからともなく、ちゃーんと探して仕入れてくるので・・・(笑)


★オーリンズ Fフォーク メンテナンス <第二弾>

フォークのインナーチューブからボトムを外すときに、キッチリクランプできるように社長が作ったモノです。

インナーチューブとボトムの取り外し” いやはや神経を使うお仕事ですよ・・・しかもバラした後の部品を見る

と、んっ!? なんと、小~さな部品が入っていました。 ものすごーく小さな部品、もちろんこれ無くしたら大変

だし、バラしたときに気がつかないで知らないうちに落としていたりして、部品が入っていたことすら知らなっ

たら??? いやだぁ考えただけでも・・・でも社長の性格上、そこのところはしっかりしております。

本日無事にフロントフォークのボトムも取り外し完了、ブラックにコーティングする準備完了です。

オイル交換

★今週の作業・・・オイル交換車両のご紹介です

YAMAHA YZF-R1

  kawasaki ゼファー1100

YAMAHA MT-07

使用オイルはすべて “YACCO MVX 1000 4T” 一押しオイルです

SUZUKI GSX1100S カタナ

★希少車両 “ノーマル カタナ”

整備完了しました!!!

ノーマルカタナ、車検、登録も終わり今日は最終点検も完了。 希少車両 “ノーマルカタナ” です。

車体も、エンジンの調子もバッチリです。 ここまでキレイなノーマルのカタナって本当に珍しいようで、

社長いわく 『カスタムする上では、零レベル(基本ライン)で重要な車両、本来ならば自分が所有したいくら

い、でもものすごくカタナ好きで、大切に乗ってくれそうなA様にお買い上げいただき、よかったぁ!!! 』 と、

嬉しそうです。

新オーナー A様、納車楽しみですね!

コアガード & サイレンサーステー製作

★SUZUKI GSX-R1000 L6 

DSC04746.jpg01

アルミ製 コアガード ブラックアルマイト仕様 (ラジエター&オイルクーラー)

DSC04705.jpg01


サイレンサーステー製作

DSC04748.jpg01 DSC04747.jpg01

サイレンサーステー、ブラックアルマイトに仕上がってきたので取り付けています。

オーナー様は、車両お引き取り後に社外のマフラーに交換される予定だそうです。

今回はそれに合わせてのサイレンサーステー製作です

フロントフォークO/H

★Fフォークオーバーホール/オイル漏れ修理

HONDA CBR1000RR FフォークO/H

車検整備&Fフォークのメンテナンス作業

DSC04670.jpg01DSC04672.jpg01DSC04671.jpg01DSC04673.jpg01


そして次の車両です

kawasaki Ninja1000 フォークオイル漏れ修理

DSC04689.jpg01

フロントフォークの修理・・・またまた社長の作品???(笑) フロントフォークのスプリング抜き(O/H用)なのですが、時~々ですが、私フィリ子がお手伝いをしておりました(笑) きっと社長、私がお休みすることを想定したのか??? それとも私に頼みたくないのか!!!???(笑)、こういう工具を作っております。 社長が名づけたこの工具 “フィリ子いらず” だそうな・・・(爆)

DSC04690.jpg01

そして私がお休みしていても、作業は無事終了します

DSC04692.jpg01

 

SUZUKI GSX1100S カタナ フレーム塗装

★フレームパウダー塗装

DSC04631.jpg01SUZUKI GSX1100S カタナ フレーム塗装 “パウダー塗装” が出来てきました。

このあとエンジンを載せて組み上げていきます。

DSC04634.jpg01SUZUKI GSX1100S カタナ ファイナルのパーツです。

RXコート、マグクリア塗装、ブラックアルマイトができました。

SUZUKI GSX1100Sカタナ フレーム補強

★GSX1100Sカタナ フレーム補強作業

DSC04501.jpg01

まずは補強に必要な部品(パッチ)を型紙に合わせて切っています、必要分が切り終えたら、このパーツをフ

レームに溶接していきます。 フレーム補強用のパッチ型紙、これ意外にも貴重みたい!!!???(笑)

この作業を進める上で、とっても面倒な、でも重要な作業、それはフレームに補強パーツを溶接する個所の

剥がし作業です。 あれ!? そうあれ!!! があれば楽なのですよ、砂で洗うやつ “サンドブラスト” があれ

ば・・・しかもフレームが入るくらい大きなヤツがあれば言うことなし!!!(笑)

でもなかなか持っているところが近くになくて、結局社長自ら剥がす作業をしていました・・・

その後、補強材の仮付け(点付け)、そして本付け(溶接)していきます

DSC04516.jpg01

DSC04517.jpg01 DSC04518.jpg01 DSC04519.jpg01


そして次は、久しぶりのバッテリーケース製作です。

さて、いつものように、チタン板を型紙通りに切り出し、形成しながら溶接です。

と、このように説明だけすると、ふんふんなるほど簡単じゃ~ん!!!??? と、そう思える私なのでありますが、

作業をはじめてかなり時間が経っているけど・・・なかなか出来てきません・・・

ワンオフ製作、どれをとっても簡単だと言えるなモノはないようです。 まぁね、またそういうものだからワンオ

フ製作って興味も沸いてくるモノなのでしょうね!!!???

そう思うと、社長~っ、気合入れて良いワンオフもの作らないといけないです!!!(笑)

DSC04522.jpg01 DSC04524.jpg01

フレームとバッテリーケースのクリアランスもバッチリ、スペース内にキレイに収まっています

kawasaki Ninja H2 カスタム

★kawasaki Ninja H2 カスタム

フロントフォーク装着、今回スクーデリア オクムラさんにてチューニングしています。

リヤショックはペンスキー装着でサスペンションはこれでバランスもバッチリです

DSC04456.jpg01 DSC04457.jpg01 DSC04454.jpg01 DSC04453.jpg01

<特殊工具製作>

 しか~し、このH2の作業をするために、ここのところ社長がやっていた作業というと・・・

なんと工具作り!? 最近のオートバイって普通~の工具では扱えない??? 違うってどういうことですか???

特工(特殊工具)とやらがないと、取り外しさえできない箇所があるなんて、しかもその特殊工具のお値段の

お高いこと!!! メーカーさん、なんて意地悪なこと!!! てなことで、こういうことになると、メラメラと心を燃やす

社長!!!???(笑)そんな高い工具なら作っちゃえ!!! とばかりに工具作りの日々・・・

そして出来たのがホイールバランスアタッチメントとオーリンズフォークトップキャップ外し工具です・・・01 DSC04451.jpg01 DSC04452.jpg01

カタナ フロントフェンダー取り付け加工

 

★ヨシムラ 1135R カタナ フロントフェンダー取り付け加工

フロントフェンダーの取付け加工、頭を抱えながらやっと図面もでき削り作業・・・

図面をみるだけで、マジ大変そう!!!??? よくこんなん作るなぁ・・・(笑)

まだまだ削り作業途中、これがどうなるのか、ぜーんぜんわかりませ~ん!!!

 SONY DSC  SONY DSC

ヨシムラ 1135Rカタナ フロントフェンダー取付け用 ブラケット製作・・・4ヶのアルミの塊を延々と削り続け

た結果、このようなモノになりました。 アルミの削りカスもそれなりに?!(笑)散乱しており、さてこれを片付け

るとどれほどになるのか、あ~もったいない、もったいない!!!(爆)

DSC04437.jpg01


相変わらずアルミの塊との戦いが始まる???!!!(爆)

さてと、またこのアルミがどれだけ無駄になるのか、気になるのは、そこですよねぇ(笑)

フロントフェンダー取付け加工の本題???、これ(ブラケット)に合わせてステーを作らないといけないらしい。

作るのはブラケットだけかと思っていたら、なんのその、ブラケットは、フェンダー装着の為の補足パーツだっ

た!!!???(笑)

ステーも完成です。 削り終えたブラケット&ステーは本日アルマイトに出しています

 DSC04439.jpg01  DSC04442.jpg01

仮装着画像です

DSC04441.jpg01

SONY DSC

毎度自然に付いていおります。 ここまでスマートに付いていると、あれだけアルミ粉まみれになって頑張っ

た社長の苦労がまったく見えません!!!(笑) 世間では、カスタムはコテコテ車両のほうが、いかにも苦労して

作りました!!! みたいな感じも多々・・・我がクォーターの車両って、あまりも普通~で、派手さもなく妙~にシ

ンプル、見た目のイメージがやっている内容とは真逆???!!! いや~社長もツラい???・・・(笑)


ブラックアルマイトも仕上り完成です DSC04445.jpg01 SONY DSC