タグ別アーカイブ: kawasaki

フレーム補強 <GSX1100S カタナ編>

★SUZUKI GSX1100S カタナ フレーム補強

久しぶりのフレーム補強です。 ヨシムラ1135Rタイプ フレーム補強

まずは “補強材” 製作、切り出し作業 2台分

これだけでは何がなんだか???ですが・・・(笑)

それぞれフレーム各箇所に溶接していくと、ちゃんとした “補強” になります。

しかし、これだけみると、補強って、とっても簡単に思える、でも結構難しいらしい・・・

フレームの補強といっても、ただただ固くするのではなく、走るときに感じるフィーリング、しなやかさも必要だ

そうです。 ん~っ・・・奥が深そうです・・・(笑)

YZF-R1 マフラー製作 ワンオフ スリップオン

★2015モデル YAMAHA YZF-R1 モトGPタイプ スリップオンマフラー製作

スリップオン製作・・・今日は楕円サイレンサーができています。

このカタチで、アンダーカウルに上手く納まる予定・・・だそうです。 ん~、順調にいけばいいけど・・・

こればかりは、進めてみないとわかりません!!!

毎度どうできるかは未定な作業、作りながら、あーでもない、こーでもない等々、ボヤキ嘆きながらの社長の

作業には、もうなれております(笑)

サイレンサーの形ができて、夕方音量チェックのためエンジン始動をしてみました。

思っていた以上に消音ができている感じ・・・これには社長本人も思わず、

『おぉ~、消音できとるやんっ!!!』 と呟いております(笑) ココまでは作業は順調です。

が、しかしここからがまた山あり谷あり!?の作業が続くことになると思われます(笑)・・・

まぁ外野の私としては、社長の悪戦苦闘している様子を皆さまにお伝えできる方が面白いと思うし、

それこそが私フィリ子の使命です(爆)・・・来週は社長のボヤキどう出るか??? 展開をお楽しみに・・・


久々に手の込んだ集合部、実物は微妙な湾曲あり・・・ん~、3Dならわかりそうだけど?!(笑)

取り付けると、こうなります。 既に強~烈!!! このあとどうなる???

まだまだ作業は難関が続くようです・・・

オーリンズ フロントフォーク メンテナンス

★オーリンズ Fフォーク メンテナンス <第一弾>

ドゥカティ M900のFフォーを取り外してメンテナンス。 が、このフォークが “オーリンズ” なのです。

取り外すだけでも気を使うところ、なのにこれをバラしてメンテナンスをしないといけないらしい。

げーっ、大変!!!大変!!! オーリンズのフロントフォークを分解するための、お高~い特殊工具が必要なので

す。 クォーターにそんものありませ~ん!!! と、そこで社長がわからないときや迷ったときにいつもノウハウ

を聞くショップさんがあって、早速相談すると・・・なーんと、自作の特殊工具を先日速攻送ってくださいまし

た。 まぁなんと親切な・・・これからの時代に必要なのは助け合いなのかもねぇ???!!!(笑)

さて作業を慎重~に進めて夕方には無事分解作業終了!!! そしてメーカーに必要な部品を頼むことに・・・

すると、メーカーさん、部品単体は出さないそうな!!! メンテナンスはメーカーに出せということだそうです。

げーっ、ひど~い、ずる~い・・・Fフォークは丸ごとちゃんと正規で買ってるのに・・・

最近のメーカーって、残念ながらどこも一緒だわ・・・いやだぁ、独占時代突入!!!???(笑) って、笑ってい

いものか・・・でも笑える・・・だってこれごときで落ち込む社長ではありません。 毎度それに代わる部品をど

こからともなく、ちゃーんと探して仕入れてくるので・・・(笑)


★オーリンズ Fフォーク メンテナンス <第二弾>

フォークのインナーチューブからボトムを外すときに、キッチリクランプできるように社長が作ったモノです。

インナーチューブとボトムの取り外し” いやはや神経を使うお仕事ですよ・・・しかもバラした後の部品を見る

と、んっ!? なんと、小~さな部品が入っていました。 ものすごーく小さな部品、もちろんこれ無くしたら大変

だし、バラしたときに気がつかないで知らないうちに落としていたりして、部品が入っていたことすら知らなっ

たら??? いやだぁ考えただけでも・・・でも社長の性格上、そこのところはしっかりしております。

本日無事にフロントフォークのボトムも取り外し完了、ブラックにコーティングする準備完了です。

オイル交換

★今週の作業・・・オイル交換車両のご紹介です

YAMAHA YZF-R1

  kawasaki ゼファー1100

YAMAHA MT-07

使用オイルはすべて “YACCO MVX 1000 4T” 一押しオイルです

SUZUKI GSX1100S カタナ

★希少車両 “ノーマル カタナ”

整備完了しました!!!

ノーマルカタナ、車検、登録も終わり今日は最終点検も完了。 希少車両 “ノーマルカタナ” です。

車体も、エンジンの調子もバッチリです。 ここまでキレイなノーマルのカタナって本当に珍しいようで、

社長いわく 『カスタムする上では、零レベル(基本ライン)で重要な車両、本来ならば自分が所有したいくら

い、でもものすごくカタナ好きで、大切に乗ってくれそうなA様にお買い上げいただき、よかったぁ!!! 』 と、

嬉しそうです。

新オーナー A様、納車楽しみですね!

フロントフォークO/H

★Fフォークオーバーホール/オイル漏れ修理

HONDA CBR1000RR FフォークO/H

車検整備&Fフォークのメンテナンス作業

DSC04670.jpg01DSC04672.jpg01DSC04671.jpg01DSC04673.jpg01


そして次の車両です

kawasaki Ninja1000 フォークオイル漏れ修理

DSC04689.jpg01

フロントフォークの修理・・・またまた社長の作品???(笑) フロントフォークのスプリング抜き(O/H用)なのですが、時~々ですが、私フィリ子がお手伝いをしておりました(笑) きっと社長、私がお休みすることを想定したのか??? それとも私に頼みたくないのか!!!???(笑)、こういう工具を作っております。 社長が名づけたこの工具 “フィリ子いらず” だそうな・・・(爆)

DSC04690.jpg01

そして私がお休みしていても、作業は無事終了します

DSC04692.jpg01

 

kawasaki Ninja H2 カスタム

★kawasaki Ninja H2 カスタム SPL

DSC_0204.jpg01

・ホイール:JB製 マグホイール H2用
・フロントフォーク:オーリンズ ZX-10R用
・リヤショック:ペンスキー8987PB ワンオフ
・キャリパー:ブレンボ製 削り出し 108ピッチ チタンピストン
・キャリパーボルト:チタン
・クラッチマスター:ブレンボ製 削り出し
・ブレーキマスター:ブレンボ製 削り出し
・Fディスクローター:プラスミュー製 320Φ ワンオフ
・Fローターボルト:チタン<BR>・Fブレーキホース:クォーター製 ワンオフ
・リヤホイールナット・センターナット:チタン陽極グリーン
・トップブリッジ:ウッドストック製
・スクリーン:ノジマ製<BR>・マフラー:クォーター製 ワンオフ フルチタン
・ステップ:クォーター製 ワンオフ
・フェンダーレス:クォーター製 ワンオフ<BR>
・Fアクスルシャフトト:JB製 クロモリ
・クラッチカバー:A-TECK製 ドライカーボン
・その他・・・

DSC_0251.jpg01

DSC_0241.jpg01

DSC_0239.jpg01

DSC_0209.jpg01 DSC_0252.jpg01

kawasaki Ninja H2 ディスクローター交換

★kawasaki Ninja H2 フロント廻り加工

<プラスミュー製 ディスクローター>

DSC04639.jpg01

DSC04640.jpg01

左がノーマル 330Φ、右がプラスミュー製 320Φにしてローターを小さくしています

装着した下の画像・・・普通に装着さされているディスクローターなので、ほんと普通~にみえるのですが・・・

よ~くよく眺めるとやっぱり凄みが・・・もちろん性能もスゴイらしいです。

クォーターのカスタムは、性能、機能性重視!!! 機能美追及。 見た目だけのカスタムはいたしません・・・(笑)

DSC04641.jpg01もう一台のkawasaki Ninja H2  S号のフロント足廻り加工・・・

入荷しているプラスミューのディスクローターを取り付けるための加工も夕方無事完了、あとは試乗です。

H2、どーんどんバージョンアップしております!?(笑)こちらのH2、ホイールとフロントフォークはノーマル、

フォークはチューニング済みです。 キャリパーはブレンボ製 削り出しタイプ、ブレーキパッドはブレンボ 

Z04タイヤはBS S21に変えています。

先に加工したH2もさることながら・・・こちらのH2もかなりのモノです(笑) この2台のH2が並んだら・・・それ

はそれは迫力満点!!!???(笑) 楽しみです。

kawasaki Ninja H2 フロント廻り

★kawasaki Ninja H2 カスタム

<スペーサ製作>

DSC04609.jpg01

<カラー製作>

DSC04621.jpg01プラスミューのディスクローターにセンサーローターを取りつけるための加工、スペーサ製作です。

削り終えて、さてアルマイトに出そうとしたところ・・・社長、『あ~、やっぱりもう少し肉抜きしたいなぁ・・・』

で、再度削り作業再開、出来上がったようです、あとはアルマイトに出します。

ブレンボ キャリパー取り付け用のカラー製作も終わりアルマイトに出します。

ホイール、ディスクローター、キャリパーetc・・・ボルトオン装着できるものだと思っていたのは私だけ???!!!

さすが今回も意外と要加工でした・・・(笑)

JB製 マグホイール + プラスミュー製 ディスクローター + ベータチタニウム製 チタンボルト

DSC04611.jpg01 DSC04612.jpg01

DSC04617.jpg01 DSC04618.jpg01

特注キャリパーボルト(12P) チタン製使用

DSC04619.jpg01


オーリンズ フロントフォーク トップキャップ

DSC04593.jpg01オーナー様のご要望で、グリーンにアルマイト加工・・・このアルマイトのために掛かった時間、手間暇???

そういえば取り外すための工具まで作ってましたねぇ・・・まぁ毎度のこと、そこはスルーで・・・(爆)

H2が、見た目も性能もどんどん進化、はて?・・・どこまでいくのやら???!!!(笑)

DSC04599.jpg01

仮装着してみました・・・おぉ完~璧のようです、部品も労力も色々と無駄にならなくてよかったよかった・・・

kawasaki Ninja H2 カスタム

★kawasaki Ninja H2 カスタム

フロントフォーク装着、今回スクーデリア オクムラさんにてチューニングしています。

リヤショックはペンスキー装着でサスペンションはこれでバランスもバッチリです

DSC04456.jpg01 DSC04457.jpg01 DSC04454.jpg01 DSC04453.jpg01

<特殊工具製作>

 しか~し、このH2の作業をするために、ここのところ社長がやっていた作業というと・・・

なんと工具作り!? 最近のオートバイって普通~の工具では扱えない??? 違うってどういうことですか???

特工(特殊工具)とやらがないと、取り外しさえできない箇所があるなんて、しかもその特殊工具のお値段の

お高いこと!!! メーカーさん、なんて意地悪なこと!!! てなことで、こういうことになると、メラメラと心を燃やす

社長!!!???(笑)そんな高い工具なら作っちゃえ!!! とばかりに工具作りの日々・・・

そして出来たのがホイールバランスアタッチメントとオーリンズフォークトップキャップ外し工具です・・・01 DSC04451.jpg01 DSC04452.jpg01