タグ別アーカイブ: チタンマフラー

ドゥカティ ムルチストラーダ中古車<マフラー、マグホイール等中古あり>

★ドゥカティ ムルチストラーダ中古 程度良好!!!

お預かりしている中古車 ドゥカティ ムルチストラーダ

クォーター製 ワンオフマフラー(チタンフルエキ)、マグホイール、バザーズ等のカスタムパーツがついてい

ます。 これらのカスタムパーツは取り外してノーマル車として販売いたします。

パーツのみの販売もOKです。

気になる方はお問い合わせください。

GSX1100S カタナ フロント廻り加工

★SUZUKI GSX1100S カタナ フォーク&ホイール加工

<カラー製作>

フロントホイールのカラー製作も終わり無事装着完了です。

クォーターお薦め中古パーツ “オーリンズ フロントフォーク” の加工取り付けバッチリです

オーナー A様、順調に組み上がっていますのでご心配なく・・・

ブレーキ キャリパーも無事装着できました!!!

BST カーボンホイール 取り付け加工 その1.

★YAMAHA YZF-R1 ホイール加工 (フロント)

オーナー様が持ち込まれたBSTカーボンホイールの取付け加工です。

と、ちょっとその前に・・・気になるカーボンホイールの重さは???


さて本題・・・今回のホイール加工ですが、何が大変かというと・・・

オーナー様が以前所有されたいた年式(型式)が違うYZF-R1用のカーボンホイール、それを今回無駄にしな

いよう、2015モデル YZF-R1に加工して取り付けることができれば、新たに購入しなくて済むので・・・

とのご相談でした。

そうですよねぇ、ホイールは交換したくても高価なもの、再購入するよりも加工して装着するほうが金額的に

安く済むならば、そのほうがいいですよね。とはいうものの、加工作業は結構大変なようですが・・・(笑)

まずは、フロントの加工のみ無事終了、次はリヤの加工です、はたして順調にいくのでしょうか???

ふと社長が、『これでリヤホイールは付かないじゃ、洒落にならんねぇ・・・笑』

そりゃそうです、なんとしてもリヤ装着加工を成功させてください!!!(笑)

リヤの加工へ続く・・・

コアガード & サイレンサーステー製作

★SUZUKI GSX-R1000 L6 

DSC04746.jpg01

アルミ製 コアガード ブラックアルマイト仕様 (ラジエター&オイルクーラー)

DSC04705.jpg01


サイレンサーステー製作

DSC04748.jpg01 DSC04747.jpg01

サイレンサーステー、ブラックアルマイトに仕上がってきたので取り付けています。

オーナー様は、車両お引き取り後に社外のマフラーに交換される予定だそうです。

今回はそれに合わせてのサイレンサーステー製作です

YAMAHA YZF-R1M オイル交換

★YAMAHA YZF-R1M オイル交換

DSC04602.jpg01

オートポリスでの走行会に向けてのオイル交換、いつものオイル “ヤッコ MVX 1000 4T” です

kawasaki ZX-10R 2016モデル スリップオン製作

★kawasaki ZX-10R 2016モデル ワンオフ スリップオンマフラー完成!!!

DSC04396.jpg01 DSC04407.jpg01 DSC04397.jpg01

 

kawasaki ZX-10R 2016モデル スリップオンマフラー製作

★kawasaki ZX-10R(2016) ワンオフ スリップオンマフラー製作

DSC04369.jpg01

スリップオンマフラー、コレだけ見ると普通なのですが・・・音量調整のために社長が試みたことが下の画像、テールパイプ内部に消音加工をして、なんと、でもそのそのものをサイレンサーにしています。 更に静かにしたければ、これに消音バッフルを入れることができるので安心

DSC04370.jpg01

一見すると普通のテールパイプ

テールパイプの内部はこうなっていますDSC04372.jpg01

次回は、kawasaki Z1Rとともに、ZX-10Rの完成画像をアップいたします、お楽しみに・・・

kawasaki Ninja H2 カスタムパーツ

★kawasaki Ninja H2 カスタム作業開始

dsc04295-jpg01パーツが揃い始めたのでボチボチ組上げ作業です。

リヤ廻りから、ペンスキー リヤショックの取付けしています。

カッコイイでよ、社長やオーナーさんたちによると、ペンスキーのショックは、小物パーツは削り出しできてい

て、おぅ~やっぱりスゴ~イとか言っております。 が、カスタムパーツの外見とか見た目しか、そこしかわか

らない私にとっては、ペンスキーのリヤショックは、スプリングの色、カラーが素敵~!!! 深みのあるブルー

系、レッド系と、いや~お洒落だぁと感じるのです・・・

削り出し??? そんなにスゴイことなんだぁ!!!??? 無知で失礼・・・(笑) とにかく、作りも、見た目も素敵、

そしてもちろん性能も◎、クォーターでは人気です。

dsc04291-jpg01dsc04287-jpg01dsc04288-jpg01

バッチリ、装着OKです!!!


dsc04285-jpg01

Fスプロケット:Vorlex ロングタイプ・RスプロケットはISA、チェーンはDID

さて次はフロント廻り・・・オーリンズ フォーク、ビトーR&D製 マグホイール、ブレンボ製 レーシングキャリ

パー等への取り付けへと続きます・・・

kawasaki Z1 ワンオフマフラー製作 チタンフルエキ

★kawasaki Z1 チタンフルエキ製作<エキパイ サイレンサー編>

dsc04275-jpg01 dsc04276-jpg01

サイレンサー製作でチタン板を丸めて外側をつくり、内部のパンチング製作。

ここまでくるとマフラー製作も終盤に差し掛かります。


<サイレンサー完成!  長さ 390mm/リテール 70Φ>

dsc04300-jpg01 dsc04301-jpg01

このあとはテールパイプを曲げて製作、そして最後はステー製作へ・・・

kawasaki Z1 ワンオフマフラー製作 チタンフルエキ

★kawasaki Z1 チタンフルエキ製作<エキパイ 手曲げ編>

まずは、これ “治具” です

dsc04273-jpg01

チタンエキパイの手曲げですが、その前に治具作り。

不思議ですよねぇ、この細~い棒がエキパイの治具??? チタンエキパイを曲げる前にこの鉄の棒を車体に

沿ってエキパイ同様4本作ります。 曲げて作ったこの冶具等に合わせて、4本のエキパイを作っていくの

で、マフラー製作でのこの冶具というものは、とっても重要な部品のようです。


社長も満足いくエキパイができたようです

dsc04270-jpg01 dsc04268-jpg01 dsc04267-jpg01 dsc04269-jpg01

エキパイを曲げては、治具に合わせてみて曲がり具合などを確認、調整します。

1本づつ丁寧に角度やクリアランスなどを確認、微妙なズレを調整しながら、この作業を繰り返します。

さてさて今回は何本のパイプを曲げたかな??? (6本でした、2本はボツです・・・)エキパイの曲げ直しといっ

ても、正直なところ、なんで曲げ直し!!!??? みたいな・・・、これは曲げた社長にしかわからない程度、ほぼ社

長の拘り、自己満足だと思われます。 あくまでも私個人の意見ですけど・・・(笑)

そして本日のメイン作業は、曲げたエキパイの擦り合わせです。 いつもながらこの作業、車体に合わせて、

集合部までエキパイ4本がピッチリ合うまで、車体にもぐり込んだ姿勢でエキパイを合わせてみて、そしてそ

のエキパイを機械の方へもっていき、合わせ面の擦り合わせ、削ります。この作業をエキパイ一本一本す

るのですが、この立ったり座ったりする回数は半端ない!!! ずーっと何回も何回も同じ作業の繰り返しです。

変なこの作業なのですが、ここで手を抜くと、溶接面の見た目にも、そしてマフラーにとってもっとも大切な

排気効率にもに影響が出て、結果的に良いモノはできません!!!

というわけで、社長の拘りは延々と続くのです・・・(爆)

次はサイレンサー製作へ続く・・・