SUZUKI GSX1100Sカタナ フレーム補強

★GSX1100Sカタナ フレーム補強作業

DSC04501.jpg01

まずは補強に必要な部品(パッチ)を型紙に合わせて切っています、必要分が切り終えたら、このパーツをフ

レームに溶接していきます。 フレーム補強用のパッチ型紙、これ意外にも貴重みたい!!!???(笑)

この作業を進める上で、とっても面倒な、でも重要な作業、それはフレームに補強パーツを溶接する個所の

剥がし作業です。 あれ!? そうあれ!!! があれば楽なのですよ、砂で洗うやつ “サンドブラスト” があれ

ば・・・しかもフレームが入るくらい大きなヤツがあれば言うことなし!!!(笑)

でもなかなか持っているところが近くになくて、結局社長自ら剥がす作業をしていました・・・

その後、補強材の仮付け(点付け)、そして本付け(溶接)していきます

DSC04516.jpg01

DSC04517.jpg01 DSC04518.jpg01 DSC04519.jpg01


そして次は、久しぶりのバッテリーケース製作です。

さて、いつものように、チタン板を型紙通りに切り出し、形成しながら溶接です。

と、このように説明だけすると、ふんふんなるほど簡単じゃ~ん!!!??? と、そう思える私なのでありますが、

作業をはじめてかなり時間が経っているけど・・・なかなか出来てきません・・・

ワンオフ製作、どれをとっても簡単だと言えるなモノはないようです。 まぁね、またそういうものだからワンオ

フ製作って興味も沸いてくるモノなのでしょうね!!!???

そう思うと、社長~っ、気合入れて良いワンオフもの作らないといけないです!!!(笑)

DSC04522.jpg01 DSC04524.jpg01

フレームとバッテリーケースのクリアランスもバッチリ、スペース内にキレイに収まっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*