ワンオフマフラー製作 <SUZUKI GSX1100S カタナ>

★SUZUKI GSX1100S カタナ ワンオフマフラー製作開始

その1.フランジ&カラー

<フランジ&カラー完成>

排圧ピース製作も完了

フランジ&カラー、内部に排圧ピースが入っています

手づくりとは、ここまで時間が掛かるものだと感じるのは、この小物を削り終えたときです。

出来てしまえばたったコレ!!!??? 見ている私がそう思っているということは、削っている社長はいったいどう

思っているのでしょう???・・・はてはて面倒くさーっ!!! それとも削り終えた充実感に溢れているのか・・・

まぁそこは微妙~なところでしょうか(笑)・・・ただ、この小さなパーツまでも、ひとつ1つ作るのだから、これこ

そ “ワンオフ製品!!!” と呼んでくださいませ(笑)。

ワンオフといいながら、細かい部品までは作ってなかったりしてるところもあるというし・・・ とにかく手作り、

ワンオフ製品は手間暇掛かっております(笑)


その2.集合

集合部の材料の切り出し作業は完了、上のパーツは擦り合わせて集合の形に溶接、下のパーツは、広げる

加工をしてソケットにしますで、面取り、すり合わせ終わり溶接完了!!!

集合部の内部はこのようになっています。

ワンオフ ステップ製作 <GSX1100S カタナ編>

★SUZUKI GSX1100S カタナ ステップ製作

ワンオフステップ製作始めています、PCで図面を描いて型紙作り、なんか図画工作!?(笑)

ワンオフものスタートは、ほーんとビックリするくらいアナログ~(笑)今の時代あまりのギャップに笑える。

でもこんな時代だからこそ、あえてワンオフのものが貴重に感じられることもあるし、逆に新鮮だったりも・・・

今の時代だからこそ、アナログとデジタルを上手に使い分けて楽しめたらいいのかもしれません・・・

 ワンオフステップを作る上で社長が一番拘るところが “ペダル位置” です。

オーナーの体格はもちろん、乗り方、そしてなによりも公道でのツーリングメインで使用するのか、サーキット

走行を楽しみたいのか??? などなど、人それぞれ違います。

ステップ製作の依頼があるときには、オーナーと相談しながら、そのオーナーに一番合った位置、角度を考

えてから図面を起こして、その後材料の切り出しになりますが・・・これまた拘りが強い社長、材料の切り出し

直前まで位置はココでいいのか? と悩みだし、しばらく真剣に迷う社長です(笑)

削り作業が始まれば、あとは形になるまでアルミの塊をどーんどん削るだけ!!!??? その後は工場も社長もア

ルミ削りカスだらけ!!!(笑)

ヒールガードは、次の作業、ワンオフマフラーを作りながら進めていきます。

SUZUKI GSX1100S カタナ フレーム補強

★カタナフレーム補強 第二段

フレーム補強 第二弾です。 補強をする各箇所をグラインダーで削ってキレイにします。

この作業を怠ると、溶接面が綺麗になりません。 すごく面倒な作業ですが、あとで後悔しないようにと社長

ここは手を抜かず・・・地道に作業中です(笑)

そして、補強材を点付け溶接、その後本付けします。


追加でキャッチタンクも製作

 

マフラー加工 <サイレンサー修理・角度変え>

★サイレンサーの凹み修理&サイレンサーの角度変え

凹み、きれいに修正できています  

そして下の画像、修正したサイレンサーを取り付けて角度を変えです、サイレンサーと車体が平行になるように・・・というご希望。 テールパイプを加工して調整

角度変え加工前

角度変え加工後

kawasaki ZX-10R エンジン オーバーホール 完了!

★kawasaki ZX-10R エンジンO/H 作業完了!!!

バルブ組み込みが終わりました

そしてエンジンの組み上げ作業です。

早~い!!! いつの間にかエンジンが・・・エンジンの形になっていて・・・本日車体に載せられていまーす!!!

しかし毎度心配です、バラバラになったエンジン、ちゃんと掛かるのかぁ???・・・

マニュアル通りにきちんとやれば、エンジンはきちんと仕上がるものらしいのですが、それでも心配な私は想

像するのですよ・・・さぁ作業も終わり試乗準備、“エンジンON!!!” そのときです、『ぱふっ!!!』 と煙なんかが

出てきて、社長のお顔が真っ黒け~になり・・・あららら~・・・みたいな状況を想像しちゃうのです・・・

漫画じゃあるまいしね、ないない!!!(爆)

すみません、少々ふざけ過ぎました、もうこんなバカげた想像はこの辺にしておきま~す!!!

(社長に叱られるので・・・笑)

エンジンのオーバーホール、本日無事に作業完了して試乗まで終わりました。

エンジンが組み上がり、エンジン始動しただけも違いがわかると言っていた社長です、さて試乗に出て行き

ましたが、 さてどうでしょう??? トルクがアップしてる!!!??? パワーがすごくなった!!!??? と、そんなことよりも

とにかく途中でエンジンから “シュワシュワーッ、ジューッ???!!!・・・”と、音を立て煙がでませんように・・・

と心配する私でした(爆) しばらくして試乗から戻るなり社長、『いやぁ、めっちゃ上品なエンジンに仕上がっと

る~、いやこれはもうオーナーにピッタリ!!!???(笑)』と意味不明な感想(笑) そんな仕上がりに満足の社長

です。 ん~っ、エンジンオーバーホールの作業に加えて、たぶんなにか細工をしてるなきっと!?

エンジン見ていたら、やらずにいられなかったのでしょうねぇ、たぶん・・・(笑)

『エンジンパーツ組んでいたらさぁ、やってくれ~って言うエンジンの声が聞こえたわけよ、エンジンがそう俺

に言うから、つい・・・』 と、社長は言いそうですよね(爆)

さてこれにて、エンジンの大仕事も一件落着でーす。


※追加のヘッドライトのLED化、クロモリ製 フロント&リヤ アクスルシャフト交換も完了

これでさらに足廻りがカチッとしてコーナーでの安定感もアップ、そしてLEDになり夜も安心して走れますね

すっごい進化のZX-10R K号です

kawasaki ZX-10R エンジン オーバーホール <続編>

★kawasaki ZX-10R エンジンO/H

エンジン、ヘッドのカーボン取りです。 なーんとまぁ完全手作業とはこのこと!?(笑) 一日中やっています。

エンジンオーバーホールって、このべっとり!!!! こってり??? ついているカーボンを、キレイに磨いて取るだけ

でもエンジンの調子上がるんじゃない???!!! だってカーボン、言い方を換えれば、煤??? 見えないところなの

で状態がわからないけれど、エンジンって汚れながら頑張っているのね(笑)

ちなみに下の画像は、クリアランス等の測定中

見たら・・・削りたくなる・・・

トルクが落ちないように加工しています

kawasaki ZX-10R エンジン オーバーホール

★kawasaki ZX-10R エンジンのO/H

新車時からオイルはヤッコ MVX 1000 4Tを使用しているので、エンジン内部はすごく綺麗です。

使用オイルによっても、エンジンの中、かなり違うようですが、だからといって必ずしも高価なオイルじゃない

とダメというわけではありません。

それなりのオイルは、それなりの距離でマメにオイル交換をすることが大切だそうです。なーるほど・・・


カセットミッション!!!??? それってなに・・・下の画像を参考にしてくださいませ


予防のためのオーバーホールだし、作業内容も、そして予算的にも安心できる範囲だと思います。

と・・・っ???!!! いや、もしかして社長、せっかくエンジン開けたことだし、この際もっとエンジンパワーがアップ

するよう細工しそうな???(爆) 社長~、いらぬことを考えなくていいですからねぇ~、普通~のオーバーホー

ル作業でいいですので・・・(笑)

ハンドル バーエンド製作

★ハンドルバーエンド製作 

SUZUKI GSX1100S カタナ <ネジタイプ ¥25,000.->

ドゥカティ M1100  EVO <スタンダードタイプ ¥19,000.->

ステンを削って作る、このバーエンドはクォーターでは人気アイテムの一つです。

ハンドルの振動を抑えて、長距離ツーリングでの疲労も軽減されるそうな・・・

ほぅ、なるほど・・・そうかぁ~、歳と共にツーリング、とくに長距離の帰り道は手が痺れてくると辛いですよ・・・

せっかくのストレス発散の楽しいツーリングが終盤で辛くなるなんて、もったいなーい!!! どうせなら最後まで

楽しく心地よい疲れで終わりた~い!!! ですよね?!(笑) “楽しものは、楽しくなくっちゃ!!!”  最後に不満が

残ったらアウト~、なーんて(笑)。 次のお休みにまた走りた~い!!! って思う感動、次のお休みがすごーく

待ち遠しくなるくらいに・・・皆がそう思えるような・・・そんなオートバイになればいいな・・・と思います。

ドゥカティ M1100 EVO ブレーキカスタム完了!

★ドゥカティ M1100 EVO ブレーキカスタム進化 <贅沢な通勤&ツーリングバイクができました>

さて今回ブレーキパーツがバージョンアップしました

ここまで高価なレーシングパーツが付くと、いったいどんなフィーリングに変わっているのか???

オーナー G様、ワクワク楽しみですよね・・・


さて余談ですが・・・クォーターでよく話題になるブレーキング、そのフィーリングですが、体験したオーナーさ

んたちの言葉は皆さん、『キューッと効くのではなくて、グーッ??? ぐにゅーっ!!! と、手に伝わる感触で、その

効き具合がリアルにわかるような気がしますよね~・・・』 と、同じようなコメント。

社長も、『ノーマルのブレーキはレバーをギューッと握るとキュッ!!! と止まってブレーキが良く効いたような

感じにはなるけどね・・・ そこの意識をもう少しレベルアップして、ブレーキパーツを選択してきちんとセットッ

プしたら、安定したブレーキング、コーナリング中でもブレーキコントロールができるから・・・そういう楽しさ、

安全性を体感してもらいたいなぁ・・・』 と・・・。 な~んだか高度なお話・・・こればかりは、なんというのか体

験、経験、体感??? してみないとわからないことで、説明ではなかなか伝わりません、難しいです。

ここ最近のオートバイの性能はスゴイみたいだし、やっぱりブレーキ&サスペンションに関しては、セッティン

グをしたほうが、より安全に楽しめるみたいです。 イマドキの車両のエンジンや電子制御に劣らない足廻り

のセッティングができれば、“鬼に金!!!” !!!??? なのかも(爆)・・・

ブレンボ キャリパー取付け

★ドゥカティ M1100 EVO ブレーキ廻り強化

キャリパーのスペーサー製作も終わり、フロントキャリパー&ディスクローター、リヤキャリパーは、バッチリ

装着できました!!!

足廻りのカスタムパーツがすべて揃ったので組み付け作業です。

組み付け(パーツ交換)なので、簡単に終わるんだろうなぁ、なーんて思っていたら・・・それは私の勝手な想

像、思い込みで・・・(笑)、それなりの加工は必要みたいですね、黙々と作業をしている社長です。

まぁ加工が必要になることも社長にとっては想定内のようなので心配無用のようで安心です。

オーナー G様、ブレーキフィーリング、楽しみですね。

次は、フロントマスター&クラッチマスターの取り付けです